プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

会津娘 純米吟醸 短稈渡船2016

会津娘 純米吟醸 短稈渡船
会津娘短稈渡船①他の酒米での酒造りに挑戦することで、地元会津産の酒米『五百万石』の 味わいをより活かせるようにとの取組みです。今回は、短稈渡船・・・
山田錦の父親品種。短稈で穂数が多い。「雄町」に比べ心白はやや少ない傾向。「稈(かん)」は稲や竹など中空になっている茎や藁(わら)をいいます。
由来・・・明治 末期より昭和初期まで「酒造り専用の米」として大変珍重されてきましたが半世紀 以上前に姿を消してしまった酒造好適米で、正式には「渡船2号」といいます。 「渡船」よりやや背丈の短いのが「短稈渡船」です。 その基になるのが「雄町」とで、福岡県から取り寄せた雄町が琵琶湖の船上で新たに「渡船」と命名され滋賀県に渡ったとされています。(複雑でよく分からない)

会津娘短稈渡船②色は黄味掛かっています。上立ち香は、りんごのような吟醸香を感じます。含むと、上立ち香と同じくやや酸味のあるりんご系で、おとなしめのフルーティさ、ジューシーさがあります。飲み込んだ後、キリッとした辛さも感じます。しばらくすると辛さが広がり、少しだけ渋みがあり、軽やかでフルーティでありながらも芯はしっかり太く感じられます。余計な雑味も感じる事無く、確かな辛さでフィニッシュします。

会津娘短稈渡船③原材料 米、米麹
使用米 兵庫県産短稈渡船100%
精米歩合 50%
日本酒度 ±0~+3
酸度 1.4~1.6
アルコール度 16度
製造年月 仕込2016.2
      蔵出2016.9

高橋庄作酒造店
福島県会津若松市門田町大字一ノ堰字村東755


THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

会津娘 純米吟醸 山田穂2016

会津娘 純米吟醸 山田穂
会津娘山田穂①山田穂とは・・・
山田錦の母親品種。「山田錦」に比べ長稈で出穂登熟はやや早い。
由来・・・①中町説(現・多可町中区)・・明治10年ころ、山田勢三郎が発見。②神戸市北区山田町説・・東田勘兵衛が茨木市より持ち帰る。③吉川町説(現・三木市吉川町説)・田中新三郎が伊勢山田から持ち帰る。

会津娘山田穂②色は黄味掛かっています。上立ち香は、僅かに柑橘系の香りを遠くに感じます。含むと、甘めのグレープフルーツのような甘い含み香。割と骨太な感じの味わいで充分なコクと甘味を感じますが、酸と渋みのアクセントが絶妙で、意外とスレンダーな感じもします。喉越しのキレも優しく、すっと消えていきます。

会津娘山田穂③原材料 米、米麹
使用米 兵庫県産山田穂100%
精米歩合 50%
日本酒度 ±0~+3
酸度 1.4~1.6
アルコール度 16度
製造年月 仕込2016.2
      蔵出2016.9

高橋庄作酒造店
福島県会津若松市門田町大字一ノ堰字村東755
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

大好き!長野~

長野遠征で買ったもの(^◇^)
sake秘密の一升瓶も含め爆買いしちゃいました(^_-)-☆

食材全部メイド・イン・ナガノの食材( ^ω^)・・・

これだけ買って3,000円でお釣り!


THEME:その他 | GENRE:その他 |

表六玉

表六玉
表六玉二度目の訪問になります。
今回も、某酒販店ご夫妻と、T氏とご一緒させていただきました。
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

会津娘 純米吟醸 雄町

会津娘 純米吟醸 雄町
会津娘雄町①ラベルが変わりました。岡山県産「雄町」米で仕込んだ2回火入れの純米吟醸酒で、1回火入れで出荷されている他の純米吟醸酒(短稈渡船・山田穂・山田錦)との味わい・コンセプトの違いを明確にする為、ラベルデザインを変更したそうです。

会津娘雄町②色はクリアで透明感が高いです。上立ち香は、特別何かに例えるような特徴的な香りは感じません。含むと、上品でほのかな甘い含み香、キレイな旨みを感じます。 酸と辛みのバランスがよく仕上がっていますが、雄町と言われなければ分からない。ワインほど原材料の特徴がお酒には出ませんから、当てはまらないのかもしれませんが・・・。

会津娘雄町③原材料 米、米麹
使用米 岡山県産雄町100%
精米歩合 50%
日本酒度 ±0~+3
酸度 1.4~1.6
アルコール度 16度
製造年月 仕込2016.2
      蔵出2016.9
高橋庄作酒造店
福島県会津若松市門田町大字一ノ堰字村東755
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

復活!斉藤哲雄(小さな酒蔵応援団 革命君店主)

祝☆骨髄移植5年達成&開業2周年記念イベント!
樽一⑤速報として掲載したとおり、11月20日にイベントが開催されました。

樽一①会場はこちら!

HP ⇒ 新宿 樽一

樽一②

樽一③

樽一④

メニュー①スペシャルな料理メニュー

刺身盛り鯨と鮮魚のお刺身盛り合わせ

カンパチカンパチ

さえずり鯨(さえずり)

本皮鯨(本皮)

スズキ

美脂鯨(美脂)

マダイ真鯛

ごぼう樽一名物 ごぼうの唐揚げ

クジラベーコン鯨ベーコン辛子醤油和え

煮豚煮豚

漬物お漬物(参加者からの差し入れ)

笹かま樽一特製 笹かまぼこ

鯨肉西京焼き鯨肉西京焼き

あん肝あん肝煮

揚げ銀杏揚げ銀杏

おつまみ味噌おつまみ味噌二種盛(ゆず味噌&鴨味噌)

鮭はらこ飯鮭はらこ飯

ラインナップお酒ラインナップ

仕込み水仕込み水

慶樹①慶樹 吟醸酒 滓 無濾過生原酒

原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 揖斐の誉100%
精米歩合 麹、酒母:50%
    掛米:60%
アルコール度 17度
製造年月 28.4

杉原酒造株式会社
岐阜県揖斐郡大野町下磯1

越の鶴②越の鷹 純米大吟醸 SILVER HAWK

原材料 米、米麹
使用米 越の雫100%
精米歩合 50%
アルコール度 16度
製造年月 28.11

伊藤酒造合資会社
福井県福井市江上町44-65

初桜③初桜 本醸造 生

原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 
精米歩合 65%
使用酵母 9号
アルコール度 18度以上19度未満
製造年月 28.11

安井酒造場
滋賀県甲賀市土山町徳原225

越前岬④越前岬 純米原酒 プリュネ

原材料 米、米麹
使用米 福井県産五百万石100%
精米歩合 70%
日本酒度 -38
酸度 3.3
使用酵母 福井梅酵母
アルコール度 11度
製造年月 2016.11

田辺酒造有限会社
福井県吉田郡永平寺町松岡芝原2-24

越の鶴辛口⑤越の鷹 辛口大吟醸 原酒

原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 山田錦100%
精米歩合 50%
アルコール度 17度
製造年月 28.11

伊藤酒造合資会社
福井県福井市江上町44-65

天晴⑥初桜 純米吟醸 天晴(あっぱれ)

原材料 米、米麹
使用米 滋賀県産日本晴
精米歩合 55%
日本酒度 +4
酸度 1.9
使用酵母 9号
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 28.11

安井酒造場
滋賀県甲賀市土山町徳原225

あぶくま⑦あぶくま 袋吊り限定 純米吟醸 山田錦

原材料 米、米麹
使用米 山田錦
精米歩合 50%
アルコール度 16度
製造年月 28.11

有限会社玄葉本店
福島県田村市船引町船引字北町通41

ロ万⑧ロ万 革命君(Roman Revolution) 純米吟醸 生原酒

原材料 米、米麹
使用米 
精米歩合 60%
アルコール度 18度
製造年月 28.11

花泉酒造合名会社
福島県南会津郡南会津界字中田467

白菊⑨奥能登の白菊 純米吟醸 

原材料 米、米麹
使用米 麹米:山田錦36%
   掛米:五百万石64%
精米歩合 55%&
日本酒度 -4
酸度 1.5
使用酵母 K-10
アルコール度 16度
製造年月 28.11

株式会社白藤酒造店
石川県輪島市鳳至町上町24

浅茅生⑩浅茅生 特別純米 無圧無濾過生原酒

原材料 米、米麹
使用米 滋賀県産渡船六号100%
精米歩合 60%
日本酒度 +1
酸度 1.8
アミノ酸度 1.4
アルコール度 18度
製造年月 28.11

有限会社平井商店
滋賀県大津市中央1-2-33

宮寒梅⑪宮寒梅 純米吟醸 おりがらみ 生

原材料 米、米麹
使用米 美山錦100% 
精米歩合 45%
日本酒度 +3
酸度 1.5
アルコール度 16度
製造年月 28.11

合名会社寒梅酒造
宮城県大崎市古川柏崎字境田15

斉藤さん①小さな酒蔵応援団 革命君 店主
斉藤 哲雄さん

革命君店名である”革命君”は、ワンピースに由来があるとか・・・

斉藤さん③この笑顔をずっと見てました!
「それは突然の闘病生活でした。血液のがんと呼ばれる白血病、完治を望めるのは骨髄移植をして、5年過ぎれば完治というものでした。骨髄移植そのものは命懸けのもので、長期生存率よりも失敗するリスクの方が高いものでした。移植をした後に待ち受けているものは、完全体には戻れない現実。移植後の後遺症でも生命の危機に瀕するものがあるという事。働き盛りの世代なのに…

悔しさと無念さとまるで地獄のような闘病の毎日。ただ、骨髄移植5年を過ぎれば、希望の光が見えてくると思い、絶望的な状況に追い込まれても必死に治療を受けてきました。日本酒一筋で飛び込んだ地酒業界、どうしても酒屋に戻りたかった。もしもこの生命が続くのであれば、再び酒屋がしたいと思い続けてきましたが、社会復帰の壁は残酷なほどに困難でした。

闘病と仕事の両立を行うにはどうすればよいものなのか、それを酒屋で体現するにはどうすれば…?

前例のない険しい道も、支えていただいた皆様のお蔭で、2年が過ぎました。闘病が始まったのは6年前、現在は白内障とも闘っていますが、骨髄移植5年達成頃には何かカタチに残しておきたい節目なので、既往症に対する祝勝会がやりたいと思いました。」 

革命君 齋藤哲雄
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

陸奥男山 クラシック ヌ-ボー 生

陸奥男山 CLASSIC NOUVEAU 生
陸奥男山①陸奥八仙を醸す八戸酒造の28BY最初のお酒がこの陸奥男山です。ラベルに記載されているNOUVEAU(ヌーボー)と聞くと、先週解禁されたボージョレーヌーボーを連想してしまいます。ヌーボーとは、フランス語で新しい物や新しい人という意味。それをお酒に置き換えると”新酒”ということになります。

陸奥男山②色は、透明でキラキラと輝いて見えます。上立ち香は、ほのかにフルーティーな香りが漂います。含むと、アルコール感よりも、フレッシュで軽やかな飲み口でさらさらとしていて、キレイな味わいです。次第に辛口の味わいはやってきますが、スイスイとおいしく飲めます。これまた豊盃”ん”と同様に普通酒です。いや~旨いね~。

陸奥男山③原料米 米、米麹、醸造アルコール
使用米 まっしぐら
精米歩合 70% 
日本酒度 +5
酸度 1.3
アルコール度数 15度
製造年月 28.10



THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR