プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

湖のくに生チーズケーキ

湖のくに生チーズケーキ
チーズケーキ①滋賀県の6つの酒蔵の酒粕を使った生チーズケーキのセットをいただきました。

チーズケーキ②七本槍、喜楽長、美冨久、松の司、浪の音、萩乃露

工房しゅしゅ / 社会福祉法人あゆみ福祉会 HP
〒527-0082 滋賀県東近江市上羽田町786-1
TEL.0748-20-3993 / FAX.0748-20-3990
営業時間 平日10:00~19:00
定休日:月・木曜日(祝日の場合は営業)

THEME:その他 | GENRE:その他 |

一東庵

一東庵
一東庵行列のできる人気店。
富山県某所蕎麦屋の女将さんが修行中とのことでカミさんと伺ってきました。
交通手段は、JR京浜東北線・東十条駅 南口改札より徒歩2分(東十条駅から211m)

席ミラーレスカメラにまだ慣れておらず雰囲気だけ(笑)

こあがり

席②

オブジェ

セット

天盛り

牡蠣天ぷら

そば①おまかせ三種せいろ

そば②

そば③

蕎麦湯
THEME:こんな店に行ってきました | GENRE:グルメ |

謹賀新年!


クレア呑んだら”笑顔になる酒がいい”

本年も酒興日和をよろしくお願いいたします。

正月三が日含む今週の予定は・・・
元旦 赤坂某所で新年会
2日 赤坂某所で新年会2回目
3日 千駄木 稲毛屋さんで昼呑み
4日 予定なし
5日 仕事始め(夜は新年会)
6日 仕事

新年から呑みっぱなしだ~(#^.^#)
4月で8歳になる三女クレア(ミニチュアダックスフント)

THEME:その他 | GENRE:その他 |

2016年ラスト!

2016年ファイナル!
富士山画像は、我が家のベランダから見える今夕の富士山。

個人的には、色々とありましたが大事なく過ごせた2016年でした。

糸魚川でも、年末に近付き、世の中がクリスマスで盛り上がろうとするイヴイヴの日に、大好きな糸魚川市が大火に見舞われ悲しい思いをしました。幸い懇意にしている方々は類焼をのがれ無事でしたが、多くの方々が被災されました。何が出来るわけではありませんが、これからも糸魚川市に訪れ大切な方々と親交を深めたいと思います。

良いお年をお迎えください

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

自然いっぱい

木島平村
木島平ものすごい水量です。
持参した20ℓ入りのポリタンクがあっという間に満タンに!

水

景色毎日、この景色を見ていると心が洗われるだろうなぁーと(#^.^#)
THEME:その他 | GENRE:その他 |

日本酒の日

王冠
本日10月1日(水)は、「日本酒の日」

なぜ10月1日が「日本酒の日」なのか・・・

酒という字は、「さんずい」に「酉」(とり)と書きます。

「さんずい」は水、「酉」は、十二支の10番目であり、また、酒壺の形をあらわす象形文字で、酒を意味します。

1965年(昭和40年)以前の酒造年度(BY)は「10月1日から」と定められていたこともあり、蔵元ではこの日を「酒造元旦」として祝っていたそうです。以来、1978年(昭和53年)以降、業界(日本酒造組合中央会)では、10月1日を「日本酒の日」に制定したとのことです。

28BY・・・「いいかも!」をいっぱい連呼出来るようなお酒に出会えるのでしょうか(@^^)/~~~
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

手柄山延寿 純米本みりん

手柄山延寿 純米みりん
みりん①今回は清酒ではなく、本みりんを紹介します。創業は、1863年〔文久3年〕で、同じく姫路市にある酒蔵 灘菊酒造さんの本家にあたるそうで、こちらの純米本みりんに使用されるアルコールは、単式蒸留焼酎(甲類)で、『延寿』の由来は、使用する米の田圃が手柄町字延寿120番地・147番地・151番地にあるため、その地番から『延寿みりん』と名付けているそうです。

ラベル市場に出回っている殆どの本みりんは、国外で外国産の原料で造られていますが、創業以来、国産もち米、麹米については自社で栽培した米を使用されています。

みりん②濃密な香りで、飲んでも旨いです!色

みりん③名称 本みりん
原材料 もち米、米麹、醸造アルコール
アルコール度 13.5度以上14.5度未満
製造年月 28.4

川石本家酒類合資会社
兵庫県姫路市手柄148番地

トマトのみりん煮トマトのみりん煮を作ってみました。絶品のデザートになりますよ(^_-)-☆

材料 (4人分)
トマト 4個
手柄本みりん 適宜
1.トマトの皮を湯むきして、芯も取ったものを鍋に並べ、トマト全体がかぶるくらいにみりんを入れる。 2.20分弱火で煮込む。あら熱を取ったら冷蔵庫で冷やす。※煮崩れしないよう、極弱火で煮立たせないように煮込むのがコツ。

THEME:作ってみた | GENRE:グルメ |

本利き猪口コレクション

本利き猪口コレクション
本利き①左手前、『菊正宗』の猪口をプレゼントしていただいたのがきっかけとなり、凝り性?の私に火が付きました(笑)前列左2番目から、『武甲正宗』『豊盃』『無地』、真ん中左から『大雪渓』『桂正宗』『無地』『榮川』、後列左から、『番号入①』『②』『③』『暖流』『満寿泉』、蔵元を訪問した際やネットなどで購入しました。

本利き②画像ではわかりにくいのですが、1つ1つ蛇の目の太さや盛り上がり感等、同じものはありません。

本利き③高台裏に窯元名が朱色で書かれています。手前4個が『宇平』、真ん中左3個が『特撰』、そして『陶暁』、後列5個が『幸泉窯』です。

本利き④一番のお気に入りで入手困難なのが、こちらの『宇平』です。こちらの窯元の方、とても頑固な方らしく、自分の気持ちが乗らないと作らないらしい…。4個とも蛇の目の太さや盛り上がりが違います。造られた年代がちがうのでしょう。とても味があって好きです。

本利き⑤『特撰』のもの。大雪渓は蔵に伺った際に購入。桂正宗(幻舞と同蔵)は、酒友さんのお土産。無地のものは酒屋さんで購入。

本利き⑦こちらは初めてみた『陶暁』のもの。榮川に伺った際に購入。蛇の目が一番太いです。

本利き⑥『幸泉窯』のもの。①~③は酒屋さんで購入。暖流は蔵に伺った際に購入。満寿泉は骨董屋さんで購入。

本利き⑧こちらは上下共に、宇平の蛇の目。上絵付け(うわえつけ)と言われる方法で透明の釉薬の上に職人の手によって一つ一つ丁寧に蛇の目が描かれているのですが、凹凸や、青色の蛇の目の線の太さが違います。

本利き⑨他にも、『菱加』『小田井』という窯元さんもあるようです。もちろん他にもあるのかもしれませんが、これからも機会があれば集めていこうと思います。

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

某蔵の特別誂酒

某蔵 純米大吟醸 直汲み中取り おりがらみ 無濾過生原酒
酒銘柄はもちろん、モザイク画像もすべて自主規制(笑)
記録のために記載しておきます。

※注【本文と画像は一切関係ありません】
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

秘密のお酒 vol.1

秘密のお酒 vol.1
残念ながら、画像は掲載できません。
私個人の記録のためにこの記事のみを残すことに・・・。
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR