プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 29BY

飛露喜 特別純米 無濾過生原酒
飛露喜①3年ぶりに抱えて呑みます。
私が日本酒にはまったきっかけになった銘柄です。

飛露喜②色は、僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、わずかにリンゴのような吟醸香を感じます。含むと、まろやかで甘味を伴う米の旨味が口中いっぱいに広がります。呑み込むと、その余韻を残しながらも心地よくキレてゆき、バランスは申し分ありません。久々に家呑みしましたが、やはり脱帽です。抜群に旨い酒だと思います。

まさに”喜びの露が飛ぶ”味わいす。

飛露喜③原材料 米、米麹
使用米 麹米:山田錦 掛米:五百万石
精米歩合 55%
日本酒度 +1
酸度 1.6
アルコール度 17度以上18度未満
製造年月 29.12

合資会社 廣木酒造本店
福島県河沼郡会津坂下町字市中2甲3574

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

奈良萬 純米吟醸 酒未来 生 29BY

奈良萬 純米吟醸 酒未来 生
奈良萬①一昨年から限定発売となった 「奈良萬 酒未来」 は、山形県の 「十四代」 醸造元の高木酒造が長い歳月を要し開発した酒米 『酒未来』 を特別に譲り受け醸される少量限定の特別番外酒です。

奈良萬②

奈良萬③色は黄味掛かっています。上立ち香は、控えめながら清澄感のあるキレイな香りと、フレッシュでシャープなキリッとした口あたり。酸もほどよく苦渋のバランスもいいいです。完全に酒未来をものにしたなという印象です!

奈良萬④原材料 米、米麹
使用米 山形県産酒未来
精米歩合 53%
使用酵母 うつくしま夢酵母
アルコール度 16度
製造年月 18.01

夢心酒造株式会社
福島県喜多方市字北町2932
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

寫樂 純米吟醸 おりがらみ 29BY

寫樂 純米吟醸 おりがらみ 29BY
寫樂①プレ値まで付くようになり、今や福島県を代表する銘柄となりました。

写楽②

写楽③色は、僅かにグレーっぽい感じです。上立ち香は、果実を思わせる瑞々しい香り。含むと、しっとり上品な甘味とジューシーな旨味が広がり、後半は軽快な酸がきて、スッと切れていきます。全体のバランスがよく、メリハリのある味わいです。今年の出来もいいですね!

写楽④原材料 米、米麹
使用米 会津美里町産五百万石100%
(契約田 石黒家・五十嵐家)
(米作り担当 山口武久)
精米歩合 50%
日本酒度 +1
酸度 1.3
アルコール度 16度
製造年月 29.12

宮泉銘醸株式会社
福島県会津若松市東栄町8-7
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

天明 中取り 弐号 純米吟醸生酒おりがらみ本生 

天明 中取り 弐号 純米吟醸生酒おりがらみ本生 
天明①天明の生酒中取りシリーズの第2弾(実際は零号もあり)、地元会津坂下産の低農薬栽培「美山錦」と福島県オリジナル「夢酵母」を合わせ、600㎏という小さいタンクにて2本のみ仕込まれています。

天明②

天明③ひかめな滓を混ぜて注ぎます。上立ち香は、優しめで穏やかな香。含むと、コンセプト通りのドライ&ライトな旨味とキレ。辛口の中にも旨みと甘味があり、ライトでありながら、新酒らしいフレッシュさと苦み、そして控えめな酸が”おかわり”を要求してきます(笑)。

天明④原材料 米、米麹
使用米 会津坂下産美山錦100%
精米歩合 55%
日本酒度 +5
酸度 1.6
使用酵母 福島県夢酵母
アルコール度数 15度
製造年月 2017.12

曙酒造合資会社
福島県河沼郡会津坂下町戌亥乙2

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

大和屋善内 しぼりたて新酒 純米生酒

大和屋善内 しぼりたて新酒 純米生酒 29BY
大和屋善内①

大和屋善内③

大和屋善内②うっすらとおりが絡んでいます。上立ち香は、柑橘系・・・グレープフルーツや青りんごを連想させる香り。含むと、搾りたての果汁が滴り落ちるようなイメージで、ジューシーで。後半効いてくる青い苦みも心地よくシャープさも持ち合わせています。もぎたての果実のようなフレッシュでフルーティなお酒。キンキンに冷やして呑んだからか!?あっという間に半分呑んでしまいました(#^.^#)

大和屋善内④原材料 米、米麹
使用米 喜多方産 五百万石
精米 60%
日本酒度 +3
酸度 1.7
アミノ酸度 1.0
アルコール度 16度
杜氏 佐藤健信
製造年月 29.11

有限会社峰の雪酒造場
福島県喜多方市字桜ガ丘1-17
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

廣戸川 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY

廣戸川 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY
廣戸川①待望の!新酒が届きました!
福島県と言えば、個人的には飛露喜、奈良萬、会津娘、国権、花泉、あぶくま、寫樂・・・と、沢山の銘酒を呑んできましたが、天明、大和屋善内、弥右衛門など、若い杜氏がどんどん頭角を現してきておりとても充実した県だと思います。この廣戸川も将来の福島県を引っ張っていく一つだと思います。

廣戸川②明治25年に創業された、100年以上続く歴史深い酒蔵である松崎酒造店。「廣戸川」という酒名の由来は、地元の名水「釈迦堂川」がかつて「廣戸川」と呼ばれていたことに起因します。地元中心に消費されるお酒を醸していましたが、30歳にも満たない年齢で就任した松崎祐行氏が、杜氏一年目において、「平成23年酒造年度全国新酒鑑評会」で金賞を獲得し、一躍、全国に注目されるお酒となりました。

廣戸川③色は僅かに黄味掛かっています。新酒らしいフレッシュさは感じますが、上立ち香は穏やかで、含むと、米の旨み(甘み)が最初に感じますが、甘ったるいものではなく、程よい酸が追いかけてきてキレのバランスの良い酒質に仕上がっています。お酒単体でも楽しめますが、食中酒としても煮物や煮魚などにも合います!

久々に

「いいかも!10連発!」

廣戸川④原材料 米、米麹
使用米 夢の香(福島県産)
精米歩合 55%
日本酒度 ±0
酸度 1.4
アミノ酸度 0.8
使用酵母 福島県酵母TM-1
アルコール度16度
杜氏 松崎祐行
製造年月 2017.12

松崎酒造店 松崎淳一
福島県岩瀬郡天栄村大字下松本字要谷47-1
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

泉川 純米吟醸 ふな口本生 29BY

泉川 純米吟醸 ふな口本生 29BY
泉川①飛露喜はすすんで購入はしていませんが、この泉川 ふな口だけは毎年抱えて呑みたいので無理してでも購入しています。

泉川②色は、澱が少なめで、うっすらとかすんでいる程度です。上立ち香は、控えめなバナナやメロンのような果実香。含むと、チリチリ感や昨年感じた荒々しさもなく、白桃のような含み香があり、味ノリしていてとても飲み易いです。米の旨味(甘味)や味わいが前面に出てくるような感じです。今年は当たり!

泉川③原材料 米、米麹
使用米 五百万石
精米歩合 55%
日本酒度 +5
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
製造年月 29.11

合資会社廣木酒造本店
福島県河沼郡会津坂下町字市中2番甲3574
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

廣戸川 純米 にごり 生酒

廣戸川 純米 にごり 生酒
廣戸川①松崎酒造店は明治25年創業、100年以上続く歴史の深い酒蔵で、古くから地元の人々に愛飲されるお酒を醸し続けてきました。

廣戸川②「廣戸川」という酒名の由来は、地元の名水「釈迦堂川」がかつて「廣戸川」と呼ばれていたことに起因しているそうです。

廣戸川③開栓直後は、吹き出すようなガス感でしたが、しばらくすると落ち着きました。いきなり澱を混ぜていただきます。上立ち香は、マスカットのような果実香。含むと、意外とサラリとした口当たりの中に、白桃のような含み香。サラリとしていてザラツキ感はなくジューシーな旨味が口中いっぱいに広がります。終いは程よい酸が残り、適度なキレと余韻が残ります。最近呑んだにごり系の中では一番ですね!

廣戸川④原材料 米、米麹
使用米 夢の香
精米歩合 60%
日本酒度
酸度 1.7
アミノ酸度 0.8
使用酵母 うつくしま夢酵母 901-A113
アルコール度 16度
製造年月 2017.12

松崎酒造店 松崎淳一
福島県岩瀬郡天栄村大字下松本字要谷47
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

天明 初しぼり 純米本生 無濾過 中取り壱号

天明 初しぼり 純米本生 無濾過 中取り壱号
天明①天明の中取りシリーズでは、地元産の米と精米、酵母、仕込みの大きさなど通常商品に無い造りにて、いいとこ取りの少量生産、さらにコストパフォーマンスに優れる、酒造期ならではの季節感のある酒をコンセプトに仕込まれています。

天明②

天明③うっすらと滓が絡み、上立ち香は、柑橘系果実を思わせるような香り。含むと、上立ち香そのもので、グレープフルーツのような、爽やかで、僅かに苦味と甘さを感じます。軽快で滑らかな旨み、透明感のある甘み、酸のバランスがとれた美味しいお酒です。

天明④原材料 米、米麹
使用米 会津坂下産五百万石100%
精米歩合 60%
日本酒度 +2
酸度 1.55
アルコール度数 16度
製造年月 2017.11

曙酒造合資会社
福島県河沼郡会津坂下町戌亥乙2
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

天明 中取り 零 純米おりがらみ 生酒 

天明 中取り 零 純米おりがらみ 生酒
天明①天明の恒例の第1号新酒。
新酒第1号ですが、このお酒は”零号”
その由来は「ゼロからのスタート」という蔵元の気持ちが込められており、「中取り零号」は2011年に新登場した商品で、この年は、東日本大震災が発生した年です。曙酒造も蔵が半壊する被害を受けました。その震災の被害の中から立ち上がる「ゼロからのスタート」という気持ちを込めて、このお酒は造られているのです

天明②零号のコンセプトは、「酸と甘・旨のバランス」です。天明シリーズの最高酸度と、天明シリーズで一番の甘味、そして食米である瑞穂黄金の旨み。それらのバランスをしっかりと取りながら、天明らしい透明感を表現しています。

天明③

天明④原材料 米、米麹
使用米 会津坂下産瑞穂黄金
精米歩合 65%
日本酒度 -4
酸度 1.93
使用酵母 協会9号+自社N
アルコール度 16度
製造年月 2017.11 
曙酒造合資会社
福島県河沼郡会津坂下町戌亥乙2番地
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR