プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

立春朝搾り 一人娘 純米吟醸 生原酒 29BY

立春朝搾り 一人娘 純米吟醸 生原酒
一人娘こちらは、三代目にあたるエイちゃんパパ(社長)が担当された一人娘。蔵さんは、立春朝搾り二十年目とのことです。

立春②色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、プンプン系ではないけれど、フルーティーで時間の経過によって、更に華やかさが加わり、月の井に比べると、キレイな酒質で、食事と共にいただくと、その真価が発揮されるタイプです。

こちらも、旨かったです!
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

立春朝搾り 月の井 純米吟醸 生原酒 29BY

立春朝搾り 月の井 純米吟醸 生原酒
立春①茨城県土浦市の『リカーショップ・サトウ』の四代目 エイちゃんが自ら蔵に出向いて搾ったお酒です!今回は二蔵です。まずは、今年が初となる大洗町の月の井さん。

立春②色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、フレッシュ&フルーティーで月の井らしい、やや甘めで軽めの口当たり。酸も出しゃばらず苦渋はほとんど感じません。キレもよく、クイクイ呑めてしまいます。

エイちゃん、旨かったよ-( ^^) _U~~
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

結 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み 無濾過生原酒 29BY

結 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み 無濾過生原酒 29BY
結①青森県産米「まっしぐら」を純米大吟醸規格の50%まで削り、精米から製麹、低温発酵管理まで丁寧に吟醸造りで醸し、搾ったお酒を亀口より直接瓶詰めしたピッチピチの生原酒。

結②1594年(文禄3年)創業。『結(ゆい)』は、蔵の女将である美智子さんが責任醸造という形で、極少量ながらもその全てが出品酒を手掛けているかのような丁寧さで細部まで気を配り醸されています。

結⑤”まっしぐら”とは青森県産の食米です。色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、洋梨のような果実香。含むと、食米で仕込んだとは思えない艶感と透明感のある素直な旨みと甘みを感じます。純粋かつ芳醇なお米の旨味がふくらみながらもスッキリ切れて、いつまでも呑み続けられそうなお酒です。

結③

結④原材料 米、米麹
使用米 まっしぐら
精米歩合 50%
日本酒度 -2
酸度 1.5
アルコール度 16度
製造年月 29.12

結城酒造株式会社
茨城県結城市大字結城1589
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

武勇 酒蔵 直汲み 純米吟醸しぼりたて 本生

武勇酒蔵 直汲み 純米吟醸しぼりたて 本生 29BY
武勇①

武勇②うっすらと滓が絡んでいます。上立ち香は、直汲み特有の爽やかなガス感と、搾りたてのフルーティーな香りが印象的です。含むと、フレッシュな味わい、ほのかに香る吟醸香と、やわらかな酸が特徴の旨味のあるお酒です。

これは、旨い!です(^_-)-☆

武勇③

武勇④原材料 米、米麹
使用米 麹 雄町58%
    掛 五百万石58%
精米歩合 58%
アルコール度 16度
製造年月 17.11

株式会社武勇
茨城県結城市結城144

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

結 特別純米 きたしずく 亀口直汲み 無濾過生原酒

結 特別純米 きたしずく 亀口直汲み 無濾過生原酒 29BY
結①美智子杜氏の類い稀なる醸造センスにより、『結-ゆい-』は完全に全国レベルのお酒になったと言っても過言ではないでしょう!

結②美智子醸!
29BY新酒第一弾のこのお酒は、北海道産のきたしずくというお米を使用しています。「吟風」「彗星」の2種類の酒造好適米に続く第三の酒米として注目を集めており、どうやら雄町の系統を引き継いでいるそうで、雄町と言えば美智子さんが初めて仕込んだ酒米ということもあり、使用してみようと思われたそうです。

結③色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、やや抑えめながらライチのような果実香を感じます。含むと、亀口から直接瓶詰されたピチピチの全く重くない生原酒。飲み込んだ後、控えめな果実香が漂います。 爽やかさが印象に残る結の生原酒です!

結④原材料 米、米麹
使用米 きたしずく
精米歩合 60%
日本酒度 -1
酸度 1.6
アルコール度 16度以上17度未満
製造年月 29.12

結城酒造株式会社
茨城県結城市結城1589
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

男女川 初しぼり

男女川 初しぼり 特別純米無濾過生原酒
男女ノ川①土浦市のリカーショップサトウの子息、エイちゃんが奨めてくれたお酒です!

男女ノ川④洗米から発酵、麹づくり、搾りに至るまで、職人の手作業にこだわった名酒の数々で知られる稲葉酒造さん。江戸時代末期の1867年に創業し、約150年間酒造りを続けましたが、時代の流れで五代目の引退を契機に廃業を決めていたそうです。その方針が示されたとき、周囲の反対を押し切って家業を継ぐことを決めたのが、現在6代目蔵元を務める稲葉伸子さん。約18年前のことでした。

男女ノ川⑤以下はセキュリテHPより引用
「私と姉の二人姉妹でしたし、酒造りは男の仕事という観念が一般的だったので、父は自分の代で終わりにすることも考えていたようです。でも、物心ついた頃から『今日は蔵のおじちゃん、何してるのかな?』と遊びに行った大好きな酒蔵がなくなるのが本当に寂しくて…。そして何より、日本酒造りという手仕事を、多くのお客様や後世に伝えたいという思いがあって、悩みに悩んでいましたが、夫の後押しがあり跡を継ぐ決意をしました」。

男女ノ川②伸子さんは会社勤めを辞め、酒蔵での修行や発酵食品の勉強・研究を積んだ後に蔵元に就任し「女性に酒造りができるわけがない」という周囲の声や過酷な仕事内容に、精神的にも肉体的にも厳しさを感じたといいます。「今思えば男性との体力の違いが大変でした。全ての酒造りを自分ひとりで行い、30キロのお米も運びますが、夜に体中が痛くなったり。冬の寒さも堪えましたね。蔵内で仕込み作業をすると、底冷えして部屋に戻ってもなかなか体温が戻らないんです」。それでも伸子さんが日本酒造りを続けようと思ったのは、「この日本酒、おいしいね」と喜ぶ、顧客や夫や娘の存在があったからだと・・・。

男女ノ川⑥昔ながらの槽でしぼり、しぼりたてを生酒で無濾過原酒のまま詰めましたそう。オリを絡め、上立ち香は、爽やかで白ブドウのような果実香。含むと、上立ち香で感じた通りのブドウのような甘みが最初にきて、次第にキリッとキレて消えて行きます。

男女ノ川③原材料 米、米麹
使用米 富山県産五百万石100%
精米歩合 掛米:55% 麹米55%
日本酒度 +1
酸度 1.6
アミノ酸度1.2
アルコール度 17度以上18度未満
製造年月 2017.11 

稲葉酒造場
茨城県つくば市沼田1485番地

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

御慶事 純米吟醸 ひやおろし

御慶 純米吟醸 ひやおろし
御慶事①アップする順番が前後してしまいましたが、今季初めて呑んだ”ひやおろし”は、御慶事の限定酒。御慶事と言えば、茨城県産ひたち錦とSYS酵母(茨城県の酵母)を使用した純米吟醸。まさにMade in IBARAKI!なのですが、スペックはIWCの純米吟醸と同じです!

御慶事②色は、僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、パインや柑橘系の心地良い吟醸香。含むと、ふくよかでやわらかな甘みが先にきて、その後にジューシー感が追いかけてきます。苦渋は一切なく、飲み込んだ後の余韻も上品で、ほのかに柑橘系の甘さが残ります。それにしても火入れが絶妙ですねぇ!

御慶事③原材料 米、米麹
使用米 茨城県産ひたち錦100%
精米歩合 50%
使用酵母 SYS
アルコール度 16度
杜氏 箭内和広
製造年月 29.9

青木酒造株式会社
茨城県古河市本町2-15-11
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

結 純米吟醸 備前雄町 ひやおろし

結 純米吟醸 備前雄町 ひやおろし
結①~結城酒造~
1594年(文禄3年)創業。代表銘柄『結-ゆい-』を醸すのは”超天才”浦里美智子杜氏です(笑)。美智子さんは蔵元社長浦里昌明さんの奥様で、酒蔵育ちの娘さんではありません。完全な素人さんなのですが、結婚されてから数年は仕込みの手伝いをされながら、気づく事、やってみたい事が沸いてきたそうです。数年前、夏場に開催された県の酒造研修に参加したところ技術指導の先生に吟醸造りを学び『いっちょタンク一本仕込んでみるか!』と決意。 お子様が保育園に通いだしたのをきっかけに本格的に杜氏デビューを果たすという異例の杜氏さんです。

結②その類い稀なる醸造センスは目を見張るものがあり、御主人も舌を巻くほどですべて美智子さんに造りは移譲されました。「結(ゆい)」は、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインで『美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町を結び、未来へつなげたい」という願いと希望が込められています。

結③美智子さんが大好きな酒米『雄町』で仕込んだひやおろし!香りは控えめながら、口に含むとボリューム感ある旨みと深み、軽快な酸があり含み香にはチェリーのようなさわやかさを感じます!

原材料 米、米麹
使用米 岡山県産備前雄町
精米歩合 50%
アルコール度 16度以上17度未満
製造年月 29.9

結城酒造株式会社
茨城県結城市結城1589

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

副将軍 夏の純米吟醸 

副将軍 夏の純米吟醸 生貯
①出張先(水戸市)のスーパーでジャケ買い(笑)

310酵母にちなんで310をキラリとさせたそうです!

③M-310酵母仕込。
蔵元!?(工場)である明利酒類さんが開発した酵母で、カプロン酸エチルを出す酵母だそうです(小川酵母のDNAを継承している。ちなみに小川酵母(協会10号)も!明利のM、水戸(みと)で310。

②上立ち香は、期待を大きく裏切り立ち上りません。味わいも加水してるから薄っぺらいです。でも、スーパーで売ってる酒のわりに良い感じかな!?そんな程度のお酒です。

④原材料 米、米麹
使用米
精米歩合
使用酵母 M-310
アルコール度 15度
製造年月 29.6

明利酒類株式会社
茨城県水戸市元吉田町338
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

菊盛 純米吟醸 夏初月 本生

菊盛 純米吟醸 夏初月 本生
①日本酒と言うよりも、常陸のネストビールでお馴染みの木内酒造のお酒です!

②

③原材料 米、米麹
使用米 兵庫県産山田錦100% 
精米歩合 50%
日本酒度 +3
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2017.5

木内酒造合資会社
茨城県那珂市南酒出808
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR