プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

御慶事 純米吟醸 ひやおろし

御慶 純米吟醸 ひやおろし
御慶事①アップする順番が前後してしまいましたが、今季初めて呑んだ”ひやおろし”は、御慶事の限定酒。御慶事と言えば、茨城県産ひたち錦とSYS酵母(茨城県の酵母)を使用した純米吟醸。まさにMade in IBARAKI!なのですが、スペックはIWCの純米吟醸と同じです!

御慶事②色は、僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、パインや柑橘系の心地良い吟醸香。含むと、ふくよかでやわらかな甘みが先にきて、その後にジューシー感が追いかけてきます。苦渋は一切なく、飲み込んだ後の余韻も上品で、ほのかに柑橘系の甘さが残ります。それにしても火入れが絶妙ですねぇ!

御慶事③原材料 米、米麹
使用米 茨城県産ひたち錦100%
精米歩合 50%
使用酵母 SYS
アルコール度 16度
杜氏 箭内和広
製造年月 29.9

青木酒造株式会社
茨城県古河市本町2-15-11
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

結 純米吟醸 備前雄町 ひやおろし

結 純米吟醸 備前雄町 ひやおろし
結①~結城酒造~
1594年(文禄3年)創業。代表銘柄『結-ゆい-』を醸すのは”超天才”浦里美智子杜氏です(笑)。美智子さんは蔵元社長浦里昌明さんの奥様で、酒蔵育ちの娘さんではありません。完全な素人さんなのですが、結婚されてから数年は仕込みの手伝いをされながら、気づく事、やってみたい事が沸いてきたそうです。数年前、夏場に開催された県の酒造研修に参加したところ技術指導の先生に吟醸造りを学び『いっちょタンク一本仕込んでみるか!』と決意。 お子様が保育園に通いだしたのをきっかけに本格的に杜氏デビューを果たすという異例の杜氏さんです。

結②その類い稀なる醸造センスは目を見張るものがあり、御主人も舌を巻くほどですべて美智子さんに造りは移譲されました。「結(ゆい)」は、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインで『美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町を結び、未来へつなげたい」という願いと希望が込められています。

結③美智子さんが大好きな酒米『雄町』で仕込んだひやおろし!香りは控えめながら、口に含むとボリューム感ある旨みと深み、軽快な酸があり含み香にはチェリーのようなさわやかさを感じます!

原材料 米、米麹
使用米 岡山県産備前雄町
精米歩合 50%
アルコール度 16度以上17度未満
製造年月 29.9

結城酒造株式会社
茨城県結城市結城1589

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

副将軍 夏の純米吟醸 

副将軍 夏の純米吟醸 生貯
①出張先(水戸市)のスーパーでジャケ買い(笑)

310酵母にちなんで310をキラリとさせたそうです!

③M-310酵母仕込。
蔵元!?(工場)である明利酒類さんが開発した酵母で、カプロン酸エチルを出す酵母だそうです(小川酵母のDNAを継承している。ちなみに小川酵母(協会10号)も!明利のM、水戸(みと)で310。

②上立ち香は、期待を大きく裏切り立ち上りません。味わいも加水してるから薄っぺらいです。でも、スーパーで売ってる酒のわりに良い感じかな!?そんな程度のお酒です。

④原材料 米、米麹
使用米
精米歩合
使用酵母 M-310
アルコール度 15度
製造年月 29.6

明利酒類株式会社
茨城県水戸市元吉田町338
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

菊盛 純米吟醸 夏初月 本生

菊盛 純米吟醸 夏初月 本生
①日本酒と言うよりも、常陸のネストビールでお馴染みの木内酒造のお酒です!

②

③原材料 米、米麹
使用米 兵庫県産山田錦100% 
精米歩合 50%
日本酒度 +3
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2017.5

木内酒造合資会社
茨城県那珂市南酒出808
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

御慶事 純米吟醸 雄町 限定生酒 28BY

御慶事 純米吟醸 雄町 生酒 28BY
御慶事①今や入手困難な銘柄の一つとまりました、御慶事。”茨城県産ひたち錦”、”茨城県産ふくまる”と2つの純米吟醸が主軸でした。IWCで金賞を受賞して以来、需要と供給のバランスが完全に崩れ、お酒が足らない状況に・・・。そもそもこの2種類のお米は、収穫量のあまり多くない品種であることも増産出来ない理由の一つだったと思われます。それらを踏まえ、今季より岡山県産雄町が加わって3本柱になりました。

しかも一部特約店だけ限定の生酒ヴァージョンを入手することが出来ました!

御慶事②色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、穏やかで蜜がいっぱい詰まったリンゴのような香りを感じます。含むと、甘みと酸味がバランスよく感じられ、ジューシーな味わいに仕上がっています。「ひたち錦」「ふくまる」に勝るとも劣らない美味しいお酒です。火入れも是非呑んでみようと思います!

御慶事③原材料 米、米麹
使用米 岡山産「雄町」100%使用
精米歩合 50%
日本酒度 ±0
酸度 1.5
使用酵母 AOK-1 (自社酵母)
アルコール度 16度

青木酒造株式会社
茨城県古河市本町2-15-11

御慶事④一時は生産の難しさから栽培が減少し
「幻の酒米」とまでいわれた「雄町」
様々な酒米のルーツとなるこの米は江戸時代に育成が開始された後、今では現存する混血のないただ一つの品種です。
その特徴は、芳醇で奥ふかさのある味わいと米の甘さと酸味の調和。
御慶事らしい綺麗でしかりとした味わいを感じつつも、雄町らしさも感じられる。そんな
お酒を目指して杜氏が心を込めて造りました。
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

武勇 生酛 純米吟醸 ひたち錦

武勇酒造 生酛 純米吟醸 茨城県産ひたち錦 丸福もやし
武勇①”武勇”は「けっこう濃くて辛口の男酒」という印象を持っており、自ら手に取って購入するお酒としての優先順位は後ろの方でした。

今回、懇意にしている茨城県土浦市の酒屋さんが薦めてくれた”オール茨城”で醸されたお酒です。

一回火入れ生酛純米吟醸。 
使用米は、ひたち錦。

武勇⑤使用酵母は、10号酵母。
種麹は、丸福。

武勇②そもそも天敵の”生酛”。最近は克服(笑)してきてはいますが、いささか不安もあります・・・。

色は黄味掛かっています。上立ち香は、生酛らしく酸が立つ感じです。含むと、淡い甘さが優しく舌の上を通過して喉を通り抜けて行き、意外とスルスルと呑み易いお酒です。

武勇③

武勇④原材料 米、米麹
使用米 茨城県産ひたち錦
精米歩合 58%
アルコール度 16度
製造年月 2017.6

武勇株式会社
茨城県結城市結城144
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

松盛 昼さがりのランデヴー

松盛 純米吟醸 生原酒
松盛①土浦市のリカーショップサトウさんの若旦那が薦めてくれたお酒です!

松盛②今風の低アル純吟原酒です。

でも、低アルを感じさせない膨らみのある旨味が素晴らしいです(^_-)-☆

優しくバランスの良い甘酸っぱさが結構好きかも!

松盛③原材料 米、米麹
使用米 常陸太田産美山錦100%
精米歩合 55%
日本酒度 -12
酸度 2.5
アルコール度 13度
製造年月 2017.6

岡部合名会社
茨城県常陸太田市小沢町2335
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

月の井 純米吟醸 無濾過生原酒

月の井 純米吟醸 無濾過生原酒 28BY
月の井①ここのところ呑む機会の多い茨城酒。茨城県と言っても広いので一概には語れませんが(日本酒はどこも語れない)、蔵さんの所在地を太平洋に面した海側、内陸側、山側とでも分別すればいいかな?今回は海側にある蔵さんのお酒です。

月の井②色は、ほぼ無色透明できれいです。上立ち香は、柔らかな吟醸香。熟れたリンゴのようでもあります。含むと、山田錦らしい柔らかな味わいと膨らみ。生原酒の綺麗なフレッシュさと果実味と芳醇な米の旨味が絶妙です。程よく効いた酸もバランスをたもつ役割を担っており、終いはキレイに消えて行きます。

月の井③原材料 米、米麹
使用米 山田錦100%
精米歩合 50%
日本酒度 +4
酸度 1.8
アミノ酸度 1.3
アルコール度 18度
製造年月 17.3

株式会社月の井酒造店
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町638
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

松盛 純米吟醸 生貯蔵酒 夏ザカリ

松盛 純米吟醸 生貯蔵酒 夏ザカリ
松盛①昨年が初リリースのお酒です。

茨城県産の米(ひたち錦)
茨城県産の酵母(ひたち酵母)
久慈川水系の水

そざいは、イアバラキの

松盛②色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は・・・「ほーッ!」どこかで呑んだことがあるような!?含むと、優しい甘味でお酒じゃないみたいです。水ではないけれど、お酒ではないような・・・。しばらくは、この感覚で呑み続け、気が付いたら4GBが空になっちゃいました(笑)

このお酒、通販で送料払ってでも買うべきです!

久々に「いいかも!10連発!」

松盛③原材料 米、米麹
使用米 茨城県産ひたち錦100%
精米歩合 55%
日本酒度 -1
酸度 1.4
使用酵母 茨城県産ひたち酵母
アルコール度 15度
製造年月 2017.5

岡部合名会社
茨城県常陸太田市小沢町2335
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

水府自慢 純米大吟醸原酒 10号

水府自慢 純米大吟醸原酒 10号
水府自慢①昨年まで残草蓬莱、昇龍蓬を醸す大矢孝酒造の杜氏を務めていた菊池譲氏が移籍されました。移籍先は、協会10号酵母(小川酵母、明利酵母)、M310酵母発祥の蔵さん明利(メイリ)酒類。これまで7号酵母にこだわってきた菊池杜氏が10号でどんなお酒を造るのか関心がありましたが、あえて第一弾は外し、第二弾をいただくことに・・・。

水府自慢②色は澄んでいて、ほぼ透明に近い色。上立ち香は、何に例えてよいか戸惑う程のフルーティーな香り。なんだこれ?含むと、酸の生成が少ないと言われる10号酵母とは思えないほど爽やかな酸味が全面に出ています。原酒らしいですが軽快だけど旨味も十分で、ちょっと呑み過ぎてしまう危ないお酒です!

時間の経過と共に、香りが明確に!

「ばっ!・・・バナナだわ。バナナに違いない!」

酢イソ全快!

水府自慢③原材料 米、米麹
使用米 五百万石
精米歩合 50%
日本酒度 -1
酸度 1.8
アミノ酸度 1.0
使用酵母 明利(メイリ)小川酵母(協会10号)
アルコール度 16度
製造年月 29.5.YB

明利酒類株式会社
茨城県水戸市元吉田町338
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR