プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

池月 本醸造うすにごり 生

池月 本醸造うすにごり 生原酒
池月①”池月”というと、島根県邑南町にある「池月酒造」の誉池月を思い浮かべてしまうが、こちらは石川県中能登にある「鳥屋酒造」さんが醸すお酒です。蔵があるのは、能登杜氏の里、能登半島の付け根の七尾と羽咋を結ぶ『西往来』沿い。酒造りのほとんどの工程は手造りで行われ、総生産量はわずか300石という、小さな小さな蔵さんです。

池月②色は、黄土色(うすい飴色)をしています。うすにごりなので、当然ですが濁った黄土色です。上立ち香は、甘目のやさしい香りです。熟れた柿のような感じです。含むと、無濾過原酒ならではの、力強さや荒さも感じますが、かやさしい口当たりが、心地よく、ついつい呑んでしまいます。終いは、余韻が長く、口中が少しピリピリするのは原酒だからでしょうか?結構辛味が残ります。いやぁ、なかなかのお酒だと思います。

池月③原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 五百万石、ほほほの穂(石川県産)
精米歩合 60%
アルコール度 19度
製造年月 15.12

鳥屋酒造株式会社
石川県鹿島郡中能登一青ケ部96

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま

奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま
白菊①久しぶりの奥能登の白菊になります(*^^)v

槽しぼりの、滓が絡んだ純米吟醸酒をそのまんま瓶詰したものになります。

白菊②上立ち香は、ロワール地方の白ワインのような優しい香り。
含むと、僅かにガスを感じるフレッシュな旨みと白菊にしては珍しくドライでキレのあるスタイルを感じます。

しばらくすると、温度が上ることによって、この純米吟醸ならではの甘みが、やわらかくトロリとしたものに変化します。

「いいかも!9連発!」

白菊③原材料 米、米麹
使用米 麹米 山田錦50% 掛米 山田錦(添)五百万石(仲・留)
精米歩合 55%
日本酒度 -5
酸度 1.5
使用酵母 K-10
アルコール度 16度以上17度未満
製造年月 26.2

株式会社白藤酒造
石川県輪島市鳳至町上町24
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

奥能登の白菊 純米 にごり酒

奥能登の白菊 純米 にごり酒
①季節外れにアップしますが、4月に異動が決まってから、お世話になった酒屋さんに挨拶に伺った際に購入し、自宅の冷蔵庫に寝かせていたものです。

②本来なら、春らしく、フレッシュな旨みからジュワジュワと湧き出てくるような爽やかな発泡感!
なんてコメントすべきなのでしょうが・・・

Too late(._.)↘

飴を煮詰めたような熟感があります。

味わいは「あま~い!」

決して嫌じゃないけど、やはりピチピチの時に飲みたかった(^^)/

「いいかも!6連発!」

③原材料 米、米麹
使用米 麹米 山田錦55% 掛米 五百万石55%
精米歩合 55%
日本酒度 +4.5~+5
酸度 1.5~1.6
使用酵母 協会701号
アルコール度 17度
製造年月 25.3

株式会社 白藤酒造店
石川県輪島市鳳至町上町24

④上澄み部分です。
炭酸ガスがグラスの縁に立ち上っています。

⑤滓を絡めるとこうなります。
練乳のような黄味掛かった色をしています。


THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

遊穂 未確認浮遊酵母 生もと純米無濾過生原酒

遊穂 未確認浮遊酵母使用 きもと純米無濾過生原酒
yうえも商店さんに伺ったところ、速攻、「これ利いてもらいたい」と言われたお酒です。残念ながら車だったので香りだけ嗅いだのですが、元々は好きな蔵さんだったので購入させてもらいました。蔵に長年住み着いている確認、未確認の天然酵母たちの力を借りて醸した生もと純米です!

m今回は試験醸造とのことで数がないそうですが、実力のほどやいかに!

上立ち香は、生もととラベルに記されているとおりのもの・・・甘酸っぱくて心地よい香りです。含むと、意外や、心地よい酸と強めの旨味。そして厚みのあるコクが広がり、終いにしっかりとした酸が締めます。

「いいかも!6連発!」

u原材料 米、米麹
使用米 麹 石川県産五百万石20%使用 60%
    掛 石川県産能登ひかり80%使用 55%
日本酒度 +0.7
酸度 3
アルコール度 18度以上19度未満
杜氏 横道 俊昭(能登杜氏)
御祖酒蔵(株)
石川県羽昨市大町イ
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

奥能登の白菊 純米吟醸 むろか生原酒

奥能登の白菊 仕込み5号タンク 純米吟醸 無濾過生原酒
M練馬区に新規出店した酒屋さんが蔵元さんにお願いして、槽しぼりで瓶詰めしてもらったとのこと。

M稲毛屋さんの会で飲んで以来になりますが、無濾過生原酒は楽しみです。

S上立ち香はほんりと葡萄の香り。含むとメロンや洋梨がやってくる。ベタベタしない、後から甘さが来る感じ。甘いですがベタベタ感じないのは、酸がしっかりたっているからだと思う。結構「いいかも9連発!」くらい好きなタイプ。厚みがあって、トロリとした甘酸っぱい飲み口は、まるで熟れた南国フルーツを味わっているようなイメージ。それにしても甘いけど、嫌な甘さではなく飲み続けて口が慣れると、さらに旨さが強調されます。

U原材料 米、米麹
原料米 麹米:山田錦36% 掛米:五百万石64%
精米歩合 55%
アルコール度 16度以上17度未満
日本酒度 -2.5
酸度 1.5
アミノ酸度 -
使用酵母 K-10
製造年月日 24.02
石川県輪島市鳳至上町24
(株)白藤酒造店

手取川 特別純米

手取川 特別純米酒 泉屋オリジナル
手取り郡山市泉屋酒店さん頒布会酒になります。
2年前に某板に詳細を書いてからは・・・。

現在は1,000口近い申し込みだとか?

二龍多くの方がこのお酒について書かれているので詳細は割愛しますが、今回の頒布会、これまでの2回分については大いに不満です。これまでの経験からすると私の好みは1年置きという感じですかね。

1月分も「・・・。」な銘柄。2月はとりあえずこの頒布会の売りである"十四代"が入り、最終は"飛露喜"です。この2大カリスマ酒があるので、まだまだそれなりの需要は今後も見込まれるのでしょうが、正直「もういいかなぁ・・・。」と思ってしまいます。


裏原材料名 米、米麹
使用米 山田錦 
精米歩合 麹米:50% 掛米:55% 
アルコール分 15度
使用酵母 - 
日本酒度 -
酸度 -
アミノ酸 -
製造年月 11.12
(株)吉田酒造店
石川県白山市安吉町41

奥能登の白菊 純米 むろか生原酒

奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 22BY
SI
毎年スペック(麹米と掛米の比率や日本酒度など)が変化しているお酒です。
立ち香は、ほんの少しだけセメ臭が・・・。
花冷えくらいで飲んでいるので含んだ瞬間は単に冷やりとするだけですが、そのまま口中に留めていると次第にほのかに旨味が現れてきます。飲み込んだ後もスッキリとキレもよく、苦味や渋味は一切ありません。


u

URA
原材料名 米、米麹
使用米 麹米:山田錦 掛米:五百万石
精米歩合 55% 
アルコール分 18度
使用酵母 金沢酵母 
日本酒度 +5 
酸度 1.65
アミノ酸度 非公開
製造年月 23.10
(株)白藤酒造店


にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村

遊穂 山おろし純米 無濾過生原酒

遊穂 山おろし純米酒 無濾過生原酒
(買ったお店:酒泉たつなみさん)
遊
秋田系の生モト造り、山おろしの作業は廃止していないので山廃ではなく、「山おろし」と呼んでいるそうです。

立ち香からは独特の修行香はありません(爆)
が、含むと、生モト特有の力強さ、濃醇で腰の強い独特の酸味と旨味を感じます。そして抜群のキレ、酸も心地よくパンチの効いた美味しさです。田酒の山廃のような酒です!

uu2

原材料名 米、米麹
使用米 麹米、石川県産五百万石 掛米、能登産能登ひかり
精米歩合 麹米60%、掛米55%
アルコール分 17度以上~18度未満
使用酵母 非公開 
日本酒度 +7
酸度 2.4
アミノ酸度 非公開
製造年月 23.4
杜氏 横道 俊昭(能登杜氏)
御祖(みおや)酒造(株)

にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR