プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

菊鷹 純米 無濾過生酒 菊花雪

菊鷹 純米 無濾過生酒 ~菊花雪~
菊鷹①あまり馴染みのない銘柄だと思いますが・・・?

大阪の西条合資会社で蔵人をされていた【山本克明】さんが、24BYから愛知県稲沢市の藤市酒造へ移籍されました。『天野酒山本スペシャル』の山本さんと言えば、日本酒好きの方はピンとくるはず(^_^)/~

以前は頭としての立場でしたが、現在は杜氏として蔵元の加藤専務と共に責任ある立場で酒造りに挑んでおられます。

菊鷹④稲沢の旧市街中心部にある小規模の蔵さんで、この包み紙に記されている『ことぶき』が主力銘柄。

『菊鷹』は、藤市さんの使われていなかった銘柄を復活させたらしく、山本さんの責任仕込みです!

造り2年目の25BY新酒第一弾!地元産若水を65%まで磨き、代名詞である山廃ではなく、7号酵母を使用した速醸タイプで、あら走りから中取り部分を瓶詰めされています。 

『菊花雪 ~キッカユキ~』とは、菊鷹の菊に澱を雪に見立てたネーミングだそうです。

菊鷹②最初から澱を絡めていただきます。
上立ち香は、天野酒山本スペシャル同様、いきなり特徴的な酸を感じ、さらにパインや梨のようなフルーツの香りです。含むと、口中いっぱいに甘味がひろがり、澱は特別ザラつきなどはなく、やはり酸がこの酒のすべてを語ってくれます。冷やしすぎると、苦渋も感じますが、室温に馴染んでくると甘味と酸が勝ります。

これは危険なお酒です。ジュースのような旨さです。一週間かけて呑み干しましたが、次第に酸は収まっていきましたが、決してダレることなく、最後までフルーツ感がよかったです。

「いいかも!9連発!」

菊鷹③原材料 米、米麹
使用米 愛知県若水100%
精米歩合 65%
日本酒度 非公開
酸度 非公開
使用酵母 協会7号
アルコール度 16度
製造年月 25.12

藤市酒造株式会会社
愛知県稲沢市稲葉3-4-30

※若水(わかみず)は1983年愛知県で育成された酒造好適米。元旦の朝に初めて汲む水から命名。初穂米、福水、宝水、黄金水とも呼び、神様への供物や家族の食物の煮たきに用いられたことに由来している。

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

醸し人九平次 別誂純米大吟醸 山田錦 2011

醸し人九平次 別誂純米大吟醸 山田錦 2011
1このブログでは初登場です。
九平次の最高峰になります。EAU DE DESIRとはフランス語で”希望の水”の意。

ここも王祿と同じように、特徴的な酸が身上だという認識をしていますが、果たしてどうでしょうか。

2色はやや黄味掛かっています。
プンプン香りませんが、遠くにアプリコットのような上品な果実香があります。
含むと、やはり桃もあり、杏子系の果実香。軽くて舌触りはとても滑らかです。飲み込んだ後に、僅かに発泡感がありますが、独特な酸を感じつつ、さらっと品のあるお酒です。でもワインじゃないと思います。開栓したてではなく、少しおいてからの方が良いかもしれません。

3原材料 米、米麹
使用米 兵庫県産山田錦100%
精米歩合 35%
アルコール度 16度
日本酒度 ±0
酸度 1.6
使用酵母 協会14号酵母
杜氏 佐藤彰洋
製造年月 24.6

株式会社萬乗醸造
愛知県名古屋市緑区大高町字西門田14

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

義侠 純米 無濾過生原酒 槽口直詰

義侠 純米(1500k)無濾過生原酒 槽口直詰
G初めて抱えて飲みます。
とある十四代特約店を訪問した際、【全国限定700本のみ!】のPOPに魅かれ、おもむろに冷蔵庫から取り出してしまいました。義侠の本生中の本生、正真正銘の「直汲み」タイプ。

スペックは表記のとおりで、60%精米し、総米1,500kgで小仕込みした無濾過生原酒を槽口取り。絞った翌日に蔵出ししたものだそうです。


Mまず開栓。「シュッ!」というガスの抜ける音が・・・。

うっすらと滓が絡んでいます。上立ち香は、強いものではありませんが、遠くに熟れたマンゴーを思わせるような甘めな香りを感じます。含むと、僅かにガス感がありますが殆ど気にならない程度のもの。含み香は、果物系よりも米の旨みというか、穀類特有の甘さを感じます。切れも良いですが、全体的には少し薄めな気がします。しかし、コスパを考慮すると最高ランクに近い部類に入ると思います。槽口直詰ならではのフレッシュな味わいに感激です。

これは「いいかも!8連発!」です(^。^)y-.。o○

S原材料 米、米麹
使用米 兵庫県東条産特A地区山田錦100%
精米歩合 60%
アルコ-ル度 16度以上17度未満
日本酒度 非公開
酸度 非公開
アミノ酸度 非公開
使用酵母 自家培養9号系
製造年月 24.01
山忠本家酒造(株)
愛知県愛西市佐屋町日置1813


醸し人九平次 純米吟醸うすにごり

醸し人九平次 純米吟醸うすにごり 生
九平治昨年までは吟醸酒で出されましたが、今季から純米吟醸となっての登場です!

生フルーティなのですが、冷蔵庫から出したばかりなので温度が低くてあまり香りがたちません。

・・・しばらく放置。

右15分経過したところであらためていただきます!立ち香は、そんなに何かを連想させるようなものではありません。含んでしばらくすると、リンゴがくる!口当たり滑らかで、ピチピチとした炭酸を感じ、いきなりご挨拶な酸が口中全体に広がります。味わいは甘辛のバランスがよく絶妙で、幅を広げています。あっという間に飲み終え、またグラスに注いでしまいます。

うっま~い!こりゃ「いいかも!」5連発でしょ!(もちろん満点です)


ひだり原材料名 米、米麹
使用米 五百万石 
精米歩合 55% 
アルコール分 15度以上16度未満
使用酵母 協会7号 
日本酒度 +3
酸度 1.7
アミノ酸 非公開
製造年月 23.12
杜氏 佐藤彰洋
(株)萬乗酒造


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR