プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

貴 生酒 dot SAKE project Vol.1

貴 ゴリさんボトル 生酒 dot SAKE project Vol.1
貴①dot SAKE project 第一弾ということで、恵比寿に『GEM by moto』という有名!?なお店があるそうで、そちらに”酒ソムリエ”千葉麻里絵さんという方がいらして・・・

あまり興味がないので、詳しく知りたい方はこちらをご参照下さい ⇒ dot SAKE project

貴②

貴③美味しいお酒なんだけど、こういう企画ものは酒のスペック以上に余計な費用が乗っかっているから購入価格が高くついてしまう。4GBサイズで山田錦50%磨きで¥3,000は高過ぎ!\2,000なら評価するけどね((+_+))

貴④原材料 米、米麹
使用米 山田錦
精米歩合 50%
アルコール度 14度
製造年月 2018.03

株式会社永山本家酒造場
山口県宇部市車地138
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

阿武の鶴 カンパネラ 純米大吟醸

阿武の鶴 カンパネラ 純米大吟醸 山田錦 無濾過生詰
三好①このお酒、年明けに某酒販店で見つけてしばらく常温で部屋に放置していました。稲毛屋さんの酒の会前日に予習(笑)のため開栓。

三好②「カンパネラ(Campanella)」は、日本語で「小さい鐘」「鈴」を意味するイタリア語。この「カンパネラ」を飲んだ方に幸せの鐘が鳴りますように、との想いを込めて名付けたんだそうです。さらには、阿武の鶴酒造としての蔵の再開を知らせる狼煙としての鐘という意味も込められているようです。

三好③色は黄味掛かっています。上立ち香は、メロンやバニラのような甘い香り。含むと、クリアな米の旨みがしっとりと舌の上で柔らかな甘さを感じさせ、しばらくすると穏やかな酸が更に甘旨みを引き立てます。終いはすっきりキレて長く余韻が続きます。

三好④原材料 米、米麹
使用米 山田錦
精米歩合 40%
アルコール度 16度
製造年月 29.12

阿武の鶴酒造合資会社
山口県阿武郡阿武町糸古2796

箱
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

三好の冬 純米吟醸 山田錦 おりがらみ生酒 29BY

三好の冬 純米吟醸 山田錦 おりがらみ生酒(限定344本)
三好①昭和58年の製造で休業していた『蔵を復活させる!』そんな熱い情熱に溢れる『三好隆太郎杜氏』。蔵の再建設に先立ち、同じ山口県内の蔵元『澄川酒造』の蔵を間借りして醸した27BYはなかなかのものでした。

三好⑥いよいよ29BYより『阿武の鶴酒造』にて酒造りが始動しました。今回は、地元山口県と島根県、福岡県の一部酒販店のみで発売された”344本限定”のお酒。

三好②344=つまり、ミヨシ(笑)

三好③酒名である”三好”は、もちろん苗字なのですが、麹・米・水の"三"、売り手・買い手・世間の"三"。日本酒造りに大切なこれらの調和を願いも込められ"三好"と名付けられたそうです。

三好⑦開栓時、僅かに「シュッ!」っというガスの抜ける音がしました。滓を絡めてグラスに注ぎます。きめの細かい滓がいい感じです。上立ち香は、バリバリではないけれど、バナナや熟れたメロンの香り。含むと、スルスルと舌の上を通り過ぎたかと思っていたら、喉もスルー!余韻もほどほどで苦渋は感じません。これは旨い酒です!29BY新酒おりがらみ系では、今のところ廣戸川と双璧かな!

三好⑤ラベル上部の黒色の三は、"一"を重ねた様にも見えますが、”酒造りの工程の一つ一つを丁寧に仕込むこと”、そして”一滴ずつ香り立ち””最後まで楽しんでもらえるよう”にとの想いが込められています。

三好⑧ 使用酵母は非公開だからわからないけれど、ブレンドしてる可能性もあるし、”もやし”も含めて、稲毛屋さんの酒の会で聞いてみたい。

三好⑨自分で言うのもなんだけど、これだけ長く書くのも珍しい。それだけ感動が強かった証拠です。

三好④原材料 米、米麹
使用米 山田錦100%
精米歩合 50%
アルコール度 16度
製造年月 29.12
173/344

阿武の鶴酒造合資会社
山口県阿武郡阿武町奈古2796

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

東洋美人 純米大吟醸 白鶴錦 28BY

東洋美人 純米大吟醸 白鶴錦 28BY
東洋美人①白鶴酒造の秘蔵米にして山田錦の兄弟米「白鶴錦」。調べてみると、十四代、作、東一、梅錦などの全国の選りすぐりの蔵元にゆだねられているようです。東洋美人はIPPOシリーズで呑んだ事がありますが、純米大吟醸は初めてです。

東洋美人②色は、ほぼ透明です。上立ち香は、キンモクセイを思わせる華やかな花の香りを感じます。含むと、なめらかで優しい口当たりで、含み香もフルーティー!酸もしっかりとあり、余韻も長くとてもバランスのてれたお酒です。十四代の白鶴錦よりも好きかも!

都用美人③原材料 米、米麹
使用米 白鶴錦100%
精米歩合 40%
アルコール度 16度
製造年月 2017.10

株式会社澄川酒造場
山口県萩市大字中小川611
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 28BY
獺祭①博多に住んでいる長女が好きなお酒で、昨年末に”定価”で購入しました(笑)

2017年11月、純米酒大賞制定委員会が主催する「純米酒大賞2017」で、全国87蔵エントリーされた出品酒204点の中から「純米大吟醸酒」の部門で金賞を受賞したものです!

獺祭②色は黄味掛かっています。上立ち香は、果実というより花のような甘い香りの方が印象深いです。含むと、優しい口当たりで、何の抵抗も無く、スーッと染み込むように消えていきます。終いは、フワリとした香りの広がりが残ります。流石といえばそのままなのだけど、最近の売り方がねぇ~

「プレ値で買わないように・・・」的な広告を出し、特約店一覧を掲載していましたが、獺祭はプレ値では売ってないけれど、その他の有名銘柄はバリバリのプレ値で売ってる酒販店もあったりして、説得力に欠けるものでしたなぁ~((+_+))

獺祭③原材料 米、米麹
使用米 山田錦100%
精米歩合 23%
日本酒度 +4
酸度 1.1
アルコール度 16度
製造年月 17.07

旭酒造株式会社
山口県岩国市周東町獺越2167
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

山頭火 純米吟醸 一番しぼり無濾過生原酒

山頭火 純米吟醸 一番しぼり無濾過生原酒
山頭火①詩人「種田 山頭火(さんとうか)」ゆかりの酒蔵、金光酒造のお酒です。何と、山頭火は、明治39年(25才)から大正5年まで11年間、 種田正一(本名)の名義で酒造業を営んだことがあるそうで、その場所が、金光酒造さんの防府工場跡なのだそう。そのご縁で酒名を山頭火としたそうです。 ※「種田 山頭火」」は、自由律俳句のもっとも著名な 俳人の一人です。

山頭火②私の故郷、山口県は酒造りが盛んです。全国的に有名な銘柄も沢山ありますが、この蔵元は、「全国にというよりも地元の人達に美味しく呑んでもらいたい」とのことで、関東圏で見掛けることはありません(私の知る限りで)。

もちろん初呑みになります。

山頭火③色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、プンプン系ではありませんが、メロンのような香りを感じます。含むと、米からの旨み(甘味)、穏やかな酸味も適度にあり、非常にバランスのとれた飲み飽きしないお酒です。

山頭火④原材料 米、米麹
使用米 山田錦100%
精米歩合 55%
日本酒度 +1
酸度 1.8
アルコール度 17度以上18度未満
製造年月 29.12

金光酒造株式会社
山口県山口市嘉川5031
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

龍の尾 純米吟醸

龍の尾 純米吟醸
龍の尾➀このお酒も我が故郷、山口県のお酒ですが、今回初めて知り、初めて呑みました。調べてみると・・・

蔵名の『男自慢』とは、大正末期、東京銀座にあった多くの画家達が集まる料理屋「男じまん」に由来し、その店に集まる画家の一人、岸田劉生は酒豪でも知られ清酒『男自慢』をこよなく愛したそうです。

龍の尾②以下は同社HPからの転載です。
現在男自慢酒造は百有余年の酒造の後、社長兼杜氏の急逝により創業以来絶えることの無かった当社蔵設備での製造休止を余儀なくされております。現在他社蔵様のご協力ご指導の下、目指す酒質、味わいを実現すべくさまざまな取り組みをしています。一日も早く酒造りを自社設備で再度復活する夢の実現を目指し、また「理想としてはっきり描いているテイスト」を自らの手で皆様にお届けする為、現在出来ることに全力で努力し 1歩づつ前に進んでおります。今冬も年明けから協力酒造場に出向き、純米酒をはじめ自分自身が納得して世に出せる酒を生み出す為に努力してまいります。さらに 一昨年より当社清酒「龍の尾~たつのお」の原料となる酒米「山田錦」を自社作付けも開始しました。本年も、応援してくださる農家の方たちと一緒に清流の郷で私達の酒米「山田錦」が収穫できる事を楽しみにしています。そして今の「目指すテイスト」をさらに進化させた形で、完全に自社の蔵設備での製造を再開、復活させたい・・その希望を胸に、日々「本当に良いもの」を目指し精進していきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。というわけで、他社の設備を使用しながら自分たちも手伝って酒造りを行うというスタイルでやっているようです。どこだろう!?

龍お尾③原材料 米、米麹
使用米 山田錦100%
精米歩合 50%
日本酒度 +4
アルコール度 16度
製造年月 29.11

加工者 男自慢酒造株式会社
山口県周南市福川中市町8-33
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

みすゞ 大吟醸

みすず①帰省した時に、豊北道の駅で購入したお酒です。

大正4年(1915年)の創業で、酒銘「みすゞ」は、長門市出身の童謡詩人金子みすゞに由来しているそうです。味わいはそれなり。可もなく不可もなくといったところ。

みすず②そもそも、我が郷里山口県にはどれくらいの酒蔵があるのか?と調べてみると、山口県酒造組合のホームページでは、加盟27蔵。実際は、酒造組合未加盟蔵の酒が複数あるようで、なんと山口県内には40前後の酒蔵がある事が分かりました。

みすず③原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 西都の雫
精米歩合 50%
アルコール度 14度
製造年月 29.10

大津酒類醸造有限会社
山口県長門市油谷新別名98
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

五橋 five 純米吟醸 火入れ

五橋 five 純米吟醸 一回火入れ
五橋①純米吟醸ひやおろし 改め『純米吟醸一回火入れ』となりました。このお酒のコンセプトは”瓶火入れ”にあり、ひやおろし同様に一回火入れの生詰になります。

五橋②色は、僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、柑橘系のほのかな香り。含むと、フレッシュ感を最初に感じ、これが火入れしたお酒とは思えないほどです。飲み込んだ後もバランスよくキレもいいです。寝かせても面白いかもしれません。

五橋③原材料 米、米麹
使用米 山口県産山田錦
精米歩合 55%
日本酒度 ±0
酸度 1.7
アミノ酸度 1.1
使用酵母 協会701号
アルコール度 15度
製造年月 2017.10

酒井酒造株式会社
山口県岩国市中津町1-1-31
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

東洋美人 地帆紅 限定大吟醸

東洋美人 地帆紅 限定大吟醸
地帆紅①2013年7月28日、山口、島根両県を襲った豪雨で蔵全体が水に漬かるなど甚大な被害を受けました。新たに建設した酒蔵は2014年12月に稼働し現在に至っています。その時の様々な思いを忘れることがないようにラベルにその時の2013.7.28を記載しています。

地帆紅③元々は地元山口県限定で発売されていた銘柄です。2014年に開催された「SAKE COMPETITION 2014」では、FreeStyle Under 5000の部門で、111点の出品酒の中から見事1位に輝き、その後は全国特約店で発売されるようになりました。

地帆紅②色は黄味掛かっています。上立ち香は控えめながらリンゴ系の吟醸香を感じます。含むと、米の旨味が口中いっぱいにひろがります。飲み込んだ後に少し苦味が残りますが、違和感なくスイスイ飲めてしまいます。

地帆紅④原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 ±0
酸度 1.4
アミノ酸 0.9
アルコール度 16度
製造年月 16.8

株式会社澄川酒造場
山口県萩市大字中小川611

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR