プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

土佐しらぎく 純米吟醸 微発泡生 29BY

土佐しらぎく 純米吟醸 微発泡生 29BY
土佐しらぎく①久々に呑みます(^_-)-☆

瓶内二次発酵により発泡した、うすにごりの限定酒です。

土佐しらぎく②結構なガス圧で、開けるのに少し苦労しましたが、爆発物処理(笑)は慣れているのでお漏らしすることなく、吹かすことなく無事に開栓!

土佐しらぎく③上立ち香は、マスカットのようなフルーティーな吟醸香で、含むと口当たりスッキリで、ピチピチ爽快で、キレも抜群です。適度な酸も心地よく、お手本のような夏の発泡系のお酒です。

土佐しらぎく④原材料 米、米麹
使用米 吟の夢
精米歩合 55%
日本酒度 +3
酸度 1.4%
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 30.5

有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡芸西村和食甲1551
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

土佐しらぎく 特別純米 おりがらみ 八反錦

土佐しらぎく 特別純米 おりがらみ 八反錦 29BY
土佐しらぎく①いきなりですが、四国の蔵の中で一番呑んでいるのが土佐しらぎくです。

土佐しらぎく②目打ちをするほどの強いガスではないので、冷蔵庫から出してそっと開ければ大丈夫です。

土佐しらぎく③好きな銘柄は偏重気味ですが、タイプとしては、口当たりはスーッとしていて、ザラつき感もなく、生きている酵母や栄養素が沢山含まれている「おりがらみ」が好きです!

土佐しらぎく④上澄みの部分を注いでみます。上立ち香は、フルーティーな柑橘系の香りがします。含むと、フレッシュ感と弱めな炭酸ガスを感じ、飲み込むと違和感なくスーッと切れていきます。「おり」が絡むと、濃厚な味わいになるイメージがありますが、炭酸ガスのおかげで爽やかで軽やかな味わいに仕上がっています。バランスが良く飲み飽きせず、気が付くとあっという間に4合くらい呑んでしまう危険なお酒です。

土佐しらぎく⑤原材料 米、米麹
使用米 広島県産特等八反錦
精米歩合 60%
日本酒度 +3
酸度 1.5
使用酵母 7号酵母
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2017.12

有限会社 仙頭酒造場
高知県安芸郡芸西村和倉甲1551
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

土佐しらぎく 純米吟醸 あらばしり 生

土佐しらぎく 純米吟醸 あらばしり 生
しらぎく①

しらぎく②

しらぎく③色は、ほぼ透明です。上立ち香は、ミントやライムのような果実香。含むと、あらばしり特有の荒々しさがあり、控えめながらピチピチした味わいです。それなりに元気でヤンチャな男の子を連想させるようなお酒ですが、しばらく置いてからも楽しめそうです。

しらぎく④原材料 米、米麹
使用米 広島県産八反錦
精米歩合 50%
日本酒度 +2
酸度 1.8
使用酵母 協会7号
杜氏 辻村和則
アルコール度 16度以上17度未満

有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡記芸西村和食甲1551
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

土佐しらぎく 美潮 純米吟醸 きたしずく

土佐しらぎく 美潮 純米吟醸 きたしずく
土佐しらぎく①2014年からリリースされた「美潮(みしお)」。醸造責任者・杜氏仙頭竜太氏が自身のスタイルを注ぎ込み、「土佐しらぎく」とは違った魅力の酒質を目指したお酒です。今季は、北海道産きたしずくを使用した、美潮の第三弾です!

土佐しらぎく②以下は蔵元より
「耳を澄ませば黒潮の波音。美しい自然の中、酒を育てる。」酒を造る。仕込む。醸す。様々な表現がありますが、「酒を育てる。」という感覚が最もふさわしいのではないかと考える仙頭氏!子育ての様に、互いに響き合い、高め合える関係でありたい…そう願って、新銘柄【美潮】を立ち上げました。

土佐しらぎく③色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、青リンゴ香のような香り。含むと、柑橘系の香りで、飲み込むとスッキリした味わいと、ジューシーでしっかりした甘味と酸が感じられます。バランスもよく、お酒単独でも美味しくいただけますが、食中酒としてもなかなかいけてます。

土佐しらぎく④原材料 米、米麹
使用米 北海道きたしずく100%
精米歩合 50%
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2017.11

有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡秋芸西村和食甲1551
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

南 純米吟醸 無濾過生原酒

南 純米吟醸 無濾過生原酒
南①ラベルがボロボロですが、”ちょっと”というよりも、【かなり】訳ありなお酒として、中身は問題ないので某酒屋さんで激安で買わせてもらいました(*^_^*)

南②色は僅かに黄味掛かっています。上立ち香は、何かに例えるほど明確なものではありませんが、フレッシュな吟醸香を感じます・・・が、やはりわかりません。穏やと言うのみです。含むと、やはりハッキリとしないながら、酸が比較的高く、呑みこんで、その後はスッキリとした印象です。意外と、キレ味の良さは中々なもので、食中酒として非常に好ましい個性を発揮してくれています。でも、何だかハッキリしないお酒だと思います。

南③原料米 米、米麹
使用米 出羽燦々
精米歩合 50%
日本酒度 +8
酸度 1.8
アミノ酸度 1.0
使用酵母 高知県酵母
アルコール度 17度
製造年月 2017.01

有限会社南酒造場
高知県安田町安田1875
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

土佐しらぎく 純米吟醸 ひやおろし

土佐しらぎく 純米吟醸 ひやおろし 吟の夢 生詰
土佐しらぎく①高知市と室戸岬のほぼ中間、海沿いののどかな田園地帯の中にある仙頭酒造は明治36年に
創業した蔵元さんです。代表銘柄「土佐しらぎく」は、初代仙頭菊太郎の「菊」と、白菊のように清らかで綺麗なお酒を醸したいという思いから命名されました。

土佐しらぎく②色は、ひやおろしにしては透明に近く、色付が見られません。上立ち香は、熟れたリンゴのようなフルーティでやさしい香りです。含むと、上品でなめらか、口中いっぱいに広がる吟醸らしい含み香、そしてのど越しもたいへんスムーズで、終いもきれいにキレていきます。土佐しらぎくらしい、爽やかで心地良いお酒で、旨味をちゃんと持ちつつ軽快感もあり飲み飽きしません。

土佐しらぎく③原材料 米、米麹
使用米 高知県産米吟の夢100%
精米歩合 55%
日本酒度 +2
酸度 1.6
使用酵母 高知酵母
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 28.9

有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡芸西村和食甲1551
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

土佐しらぎく 美潮 純米吟醸 吟の夢 2016

土佐しらぎく 美潮 純米吟醸 吟の夢 2016
美潮吟夢①こちらの「美潮」は高知県の酒造好適米『吟の夢』ヴァージョンになります。ちなみに、今季で3年目になるのですが、昨日の雄町も含め、実は初呑みです。

美潮吟夢②色は、こちらも雄町と同様です。上立ち香は、南国フルーツ系の果実味溢れる香りです。含むと、まさに直球ど真ん中!美潮のコンセプトそのままに、蜜のような上品な甘さと、熟れた果実味を基調とした純米吟醸酒です。(そのまんま)(笑)土佐しらぎくのスタイルは、飲み易さにあると思いますが、それを凌駕しています。個人的には雄町よりも吟の夢の方が好みです。日本酒初心者や女性におすすめのお酒さと思います。

美潮吟夢③原材料 米、米麹
使用米 高知県産吟の夢100%
精米歩合 50%
日本酒度 +2 
酸度 1.8
使用酵母 高知酵母
醸造責任者 仙頭竜太
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2016.8

有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡芸西村和食甲1551

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

土佐しらぎく 美潮 純米吟醸 雄町 2016

美潮雄町①醸造責任者「仙頭竜太」氏が自身のスタイルを注ぎ込み、「土佐しらぎく」とは違った魅力の酒質を目指した数量限定酒です。以下はナックラベルから引用 → 耳を澄ませば黒潮の浪音。美しい自然の中、酒を育てる。
酒を、造る。仕込む。醸す。様々な表現方法がありますが、「酒を育てる。」という感覚が最もふさわしいものではと考えています。子育ての様に、互いに響き合い、高め合える関係でありたい・・・。そう願って、新銘柄の”美潮(みしお)”を育て上げています。蜜の様にとろみのある上品な甘さと、熟れた果実味を表現した純米吟醸酒をぜひ堪能ください。

美潮雄町②色は澄んでいて、僅かに黄緑掛かっています。上立ち香は、ほのかなに甘く、白い花を連想させます。含むと、しっとりと舌にまとわりつくような滑らかさを持ち、上等な和菓子のような甘さを含んだ旨味がゆっくりと口中いっぱいに広がります。終いのキレもよく、スーッと消えていきます。

味噌雄町③原材料 米、米麹
使用米 岡山県産雄町100%
精米歩合 50%
日本酒度 +2
酸度 1.8
使用酵母 高知酵母
醸造責任者 仙頭竜太
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2016.8

有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡芸西村和食甲1551

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

司牡丹 純米

豊麗 司牡丹 純米
司牡丹①出張中に最寄りのスーパーで購入しました。

司牡丹②ずっと以前から、地酒ファンには知られた銘柄。まさに王道の一本です!

司牡丹③原材料 米、米麹
使用米 国産米
精米歩合 65%
アルコール度 15度以上16度未満
製造年月 2016.6

司牡丹酒造株式会社
高知県高岡郡佐川町甲1299

THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

美丈夫 特別純米 

美丈夫①創業は明治36年。回船問屋を営んでいた濱川金太郎が、浜辺に飛来した二羽の丹頂鶴に出会ったことにちなみ「濱乃鶴」と名付けたのが始まりとのこと。出荷数のほとんどが特定名称酒で占めており、品質は「少量仕込み」「低温発酵」を徹底。上槽後も出荷まで徹底した品質管理を行い、仕込み水には、日本三大美林の一つ、魚梁瀬杉(やなせすぎ)の奥深くに端を発する奈半利川の伏流水(軟水)を使用しています。

美丈夫②五代目にあたる濱川尚明社長が蔵に入ったのは、今から20数年前。今でいう普通酒が全盛の中、大量生産や激しい価格競争…、小さな蔵には厳しい時代。高知県の中ではいち早く純米酒造りに取り組み、良質な酒を追い求めてきました。それでも、お客さまと日本酒の間に大きな溝ができているように感じました。このままで酒蔵に未来はあるのか。希望はないんじゃないかー。 試行錯誤する中で、 「とにかく、うまい酒が作りたい」そうして生まれたのが「美丈夫」です。

美丈夫③原材料 米、米麹
使用米 松山三井
精米歩合 60%
日本酒度 +4
酸度 1.6
アミノ酸度 1.0
使用酵母 KA-1
アルコール度 15度
製造年月 2016.6

有限会社濵川商店
高知県安芸郡田野町2150

美丈夫④直送された、鰹藁焼きタタキ
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR