プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

喜楽里 大吟醸 生原酒

喜楽里 大吟醸 生原酒
喜楽里①蔵元さんのコメントによると、酒名の由来は、日本酒は古来より年の節をぶ時、祭の賑わいをしむ時、人と世の目出度さを祝う時にはなくてはならないものでした。その郷の文化を大切に「地方でもきらりと光る酒でありたい。」そういう想いを礎にして丹精こめて低温長期醗酵させたお酒とのことです。
この大吟醸生原酒は、9代目高垣任世杜氏初挑戦の大吟醸となります。

喜楽里②色は、やや黄味掛かっていてクリアで輝いています。
上立ち香は、まだ若いせいか、アルコール感が全面に感じられます。前回呑んだ”紀勢鶴”よりは”高貴”な感じがしますが、ある程度寝かせてから真価を発揮するお酒かもしれません。

また、遥か遠い記憶を呼び戻してみると、「龍神丸」に比べ、軽めで上品な味わいだと思います。どちらかと言うと「龍神丸」は香り、味わいにインパクトのある味わいで、印象深かったわけですが、「喜楽里」は上品であっさりとした口当たりを前面に出したお酒のようです。

「いいかも!8連発!」

喜楽里③原材料 米、米麹
使用米 兵庫産特A山田錦
精米歩合 40% 
日本酒度 +3
酸度 1.2
使用酵母 協会1501号
アルコール度 19度
杜氏 高垣任世(自社杜氏)
製造年月 26.4

高垣酒造株式会社
和歌山県有田郡有田町小川1465

関連記事
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR