プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

雪の松島 大吟醸

雪の松島 大吟醸
雪の松島①初めて呑むお酒になります。

調べてみたところ、元々は宮城酒類という会社が保有していましたが、2007年2月に製造休止となり、その後現在製造している大和蔵酒造の親会社にあたる株式会社やまやが譲り受けました。宮城酒類は製造休止するまでに4年連続で新酒鑑評会金賞受賞するほどの蔵で、宮城酒類の杜氏である押切氏が現在大和蔵酒造に顧問として技術を伝えているそうです。

詳細はこちら ⇒ やまやHP大和蔵

雪の松島②上立ち香は、まさに、今からが旬の新鮮なリンゴの様な優しめな吟醸香。含むと、口中いっぱいに優しい甘みが先にきて、次いで、ほど良い酸味と僅かな苦味を感じ、終いはキレイに消えていきます。大きな感動、発見はありませんでしたが、「さすがに、これくらいのお酒は、どこの蔵元さんも造るんだよなぁ~」と感心しきり。とにかく安定しています。

「いいかも!8連発!」

雪の松島③原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 兵庫県産山田錦100%
精米歩合 40%
日本酒度 +2
酸度 1.2
アルコール度 16度以上17度未満
製造年月 14.07

大和蔵酒造株式会社
宮城県黒川郡大和町松坂平8-1

関連記事
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

COMMENT

日本酒など全く飲まなかったころ・・・

付き合いだして初めて女房の実家に挨拶に行った時の
手土産にしたのが「雪の松島」でした。

女房の両親は松島の隣の塩釜出身だったので
自分としては気を利かせたつもりだったのですが、
地元に「浦霞」などという銘酒があったことなど
まるで知る由もなかった・・・

という「今は昔・・」なお話でした(汗)

吟醸党さま

きっとその頃の「雪の松島」は以前の所有者が醸した
ものですね!?

私も東北の中では、宮城県だけはスルーしてきたので
あまり、「呑み倒した」という認識はありません。

これからもだと思います・・・(>_<)

> 付き合いだして初めて女房の実家に挨拶に行った時の
> 手土産にしたのが「雪の松島」でした。
>
> 女房の両親は松島の隣の塩釜出身だったので
> 自分としては気を利かせたつもりだったのですが、
> 地元に「浦霞」などという銘酒があったことなど
> まるで知る由もなかった・・・
>
> という「今は昔・・」なお話でした(汗)

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR