プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

旭鳳 純米 おりがらみ 生

旭鳳 純米 おりがらみ 生
旭鳳①以前住んでいた三次市のお隣が、毛利元就生誕の地、安芸高田市。その隣が、蔵元のある広島市安佐北区可部。かつては出雲街道と呼ばれた可部の旧道に、古いたたずまいを残した場所に蔵さんがあります。可部は交通の拠点として、昔から山と海の食材が豊富に集まる町だったそうで、そのため酒造りも栄え、それを背景にした中間的な味わいが特徴のお酒を造られています。2011年、本州一を醸す梅田酒造から電撃移籍された杜氏・土井亨氏を迎え、更に注目度が高まった蔵さんです。その土居杜氏の熱い想いが込められたお酒が、このお酒です。寒造りでは11月から3月までビッシリ蔵に入りびたり最後の力を振り絞って仕込まれたそうです。

旭鳳②上澄みと、澱を絡めて呑み比べました。上澄み部分は、チリチリ感があり口中で少しあばれる君状態(笑) 澱は、にごり酒のようなツブツブ感は感じられませんが、少し高めのアルコール感と澱の持つ酸が心地よく口中いっぱいに広がります。重たさを少しだけ感じ、呑み込んだ後に辛味があり、キレ味はいいですね。

コスパ最高!

旭鳳③原材料 米、米麹
使用米 広島産こしひかり100%
精米歩合 70%
日本酒度 +5
酸度 1.8
アミノ酸度 1.6
アルコール度 17度
杜氏の氣合 122%
製造年月 2015.3
決め事 杜氏の完全手売り

旭鳳酒造株式会社
広島市安佐北区可部3-8-16

旭鳳④久々に杜氏である土居 亨氏のアップで〆ます(爆)

『わしが造りましたシリーズ・春』

平成26酒造年度最後の仕込みです。
北広島産こしひかりと得意の広島吟醸酵母を使用し、杜氏:土居亨が最後の氣合を込めてました。

今期もわしの酒を選んでくれた事に感謝です。
わしは秋の造りまで充電します。
どこかでお会いしましたら一献お願いします。

※この商品は杜氏の完全手売り商品です。
(杜氏自身が全国の酒販店を訪問し、「信頼のおける酒販店」にしか納品しておりません。)

関連記事
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR