プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

”日本酒の日”ということで(^_^)/~

十四代 純米大吟醸 酒未来
十四代①日本酒好きなら誰もが知っているお酒が「十四代」。 かつて日本酒ブームを確立したワードのひとつが「淡麗辛口」。スッキリとした喉ごしのキリっとしたお酒ということ。それに対して十四代は「芳醇旨口」と言われ、香りが立ち、お米の旨みがしっかりと出ているお酒のこと。なのに、”甘さ”が残ることがありません。そして、淡麗酒のように、飲み終わったあとにもすっきりとした味わいだけが残り、どっしりとした濃厚なおいしさと、いくらでも飲めてしまうのではないかというさっぱり感という背反するふたつを楽しめてしまう。これが創業以来約400年という歴史の積み重ねから生まれた十四代の最大の魅力なのではないでしょうか!?

十四代②「どんなに大変な思いをしても、いい酒ができればそれが喜びに変わってしまうんです」と高木さんは語る。 濃厚なうまさとすっきりした喉ごしが混在する最高の「十四代」は、さらに先を追求するチャレンジと、地味だけれでも避けて通れない人の手間という熱意が作り出していると思います。

十四代③私が十四代に魅せられた理由は他にもありますが、このお酒を時に独り占めし、時に酒友と一緒に語り合いながら存分に味わえることに感謝しています。

関連記事
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

COMMENT

“淡麗旨口”ですよね!

昨今、十四代を意識した“芳醇旨口”酒は
けっこうあるかと思いますが・・
あの後半の爽やかさを再現している酒は
滅多にないと思いますよ。

Re: “淡麗旨口”ですよね!

吟醸党さま

そうですよね!
どうしても最後が違うんですよ。

十四代が消費量が低下し、苦戦をしいられていた
日本酒業界に様々な影響を与えた功績は大きいと
思います。

> 昨今、十四代を意識した“芳醇旨口”酒は
> けっこうあるかと思いますが・・
> あの後半の爽やかさを再現している酒は
> 滅多にないと思いますよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR