プロフィール

四十代

Author:四十代
飲むと楽しくなる酒がいい!

全記事表示リンク

本利き猪口コレクション

本利き猪口コレクション
本利き①左手前、『菊正宗』の猪口をプレゼントしていただいたのがきっかけとなり、凝り性?の私に火が付きました(笑)前列左2番目から、『武甲正宗』『豊盃』『無地』、真ん中左から『大雪渓』『桂正宗』『無地』『榮川』、後列左から、『番号入①』『②』『③』『暖流』『満寿泉』、蔵元を訪問した際やネットなどで購入しました。

本利き②画像ではわかりにくいのですが、1つ1つ蛇の目の太さや盛り上がり感等、同じものはありません。

本利き③高台裏に窯元名が朱色で書かれています。手前4個が『宇平』、真ん中左3個が『特撰』、そして『陶暁』、後列5個が『幸泉窯』です。

本利き④一番のお気に入りで入手困難なのが、こちらの『宇平』です。こちらの窯元の方、とても頑固な方らしく、自分の気持ちが乗らないと作らないらしい…。4個とも蛇の目の太さや盛り上がりが違います。造られた年代がちがうのでしょう。とても味があって好きです。

本利き⑤『特撰』のもの。大雪渓は蔵に伺った際に購入。桂正宗(幻舞と同蔵)は、酒友さんのお土産。無地のものは酒屋さんで購入。

本利き⑦こちらは初めてみた『陶暁』のもの。榮川に伺った際に購入。蛇の目が一番太いです。

本利き⑥『幸泉窯』のもの。①~③は酒屋さんで購入。暖流は蔵に伺った際に購入。満寿泉は骨董屋さんで購入。

本利き⑧こちらは上下共に、宇平の蛇の目。上絵付け(うわえつけ)と言われる方法で透明の釉薬の上に職人の手によって一つ一つ丁寧に蛇の目が描かれているのですが、凹凸や、青色の蛇の目の線の太さが違います。

本利き⑨他にも、『菱加』『小田井』という窯元さんもあるようです。もちろん他にもあるのかもしれませんが、これからも機会があれば集めていこうと思います。

関連記事
THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR